元証券ディーラーの株奮闘記

弱小トレーダーが億万長者を目指して悪戦苦闘、、、

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
せっかくブログを再開したので、かなり適当に商いしてましたが、2016年の儲かった銘柄、損した銘柄を備忘録として残しておこうと思う。

儲かった銘柄
1位 パートナーエージェント
この銘柄とは相性が良くて、1Qの減益決算のタイミングを需給動向から上手く回避できて、8月くらいからの反発のタイミングで上手くポジションを取れたり、またトランプ大統領誕生のタイミングで下拾えたりと何かと助けてもらいました^^

2位 メタップス
この会社は本業はダメダメでも企業買収を重ねて売上、利益倍々にしていくってストーリーの会社で強気の来期予想出してきた日にストップになりましたが、そこでポジションが取れて上手く上げに乗ることができました。ただ、その後の押し目を買えなかったのは大反省。色々と勉強させてもらった銘柄です。

3位 ナガオカ
年末に原油価格安定してきたことから設備投資が出てきているという噂を聞いていて、この銘柄は上場来VCが売ってきていたんですが、それが落ち着いてきたタイミングでポジションを取っていたんですが、上手く跳ねてくれたので利食えました。

損失銘柄
1位 クックパッド
安易に逆張ってしまった、、、長期成長シナリオが懐疑的になったこと、多角化してきた事業を売却していくことなどを考えると、買いを入れるポイントが甘かった。相場の基本、需給に逆らうとダメですね。

2位 ウェルネット
これも成長シナリオが崩れる瞬間のタイミングで持ってしまっていた、、、相場の下落にも巻き込まれた形。

3位 イオンフィナンシャル
大型株であるにも関わらず、大きな上昇を期待している間に年初の大きな相場急落に巻き込まれてしまった。

振り返るとストーリーがしっかりしていて需給に逆らっていない時に利益になっていて、事前の思考プロセスやシナリオが甘くて相場急落など需給に逆らった時に負けている、ということが言えますね。書いていて当たり前のことで笑えます。

①しっかりストーリーを練って信念の持てるポジション構築を心がける
②需給には絶対に逆らわない

この2つを大事にしていきたい。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moiccho.blog19.fc2.com/tb.php/8-70f7fbe8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。